大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻

物質生命工学コース
 
超分子認識化学領域
 

〒565-0871 

大阪府吹田市山田丘2-1

Tel & Fax 06-6879-7406

tohnai@mls.eng.osaka-u.ac.jp

English version

宮田研究室トップ   宮田研究室研究内容   宮田研究室メンバー  宮田研究室行事   宮田研究室案内   宮田研究室からの論文  
宮田研究室参加学会
  宮田研究室の国際交流   宮田研究室への大学院入試   宮田研究室へのアクセス   宮田研究室からのリンク

宮田研究室で活躍している分子達
コール酸 キニジン ブルシン  
アントラセンジスルホン酸
テレフタル酸 ペンタデカン酸

超分子認識化学領域では、結晶をはじめとする様々な状態での分子集合を研究のモチーフとし、超分子化学(超分子科学)、結晶工学 (クリスタルエンジニアリング)、有機化学光化学物理化学材料科学など多角度からこの主題に取り組んでおります。

化学の世界では原子・分子が自然に集まって形を作ろうとしています。その摂理によって生み出されたものの中で、もっとも美しいものが結晶です。超分子認識化学領域ではこのような原子・分子が「自然と集合する性質(自己集合・自己組織化)」と「集合する時に相手を見分ける性質」を利用して、結晶中での原子・分子の配列を制御しようとしています。自然と集合するときに働く力を「分子間力」と呼び、集合する時に相手を見分ける性質を「分子認識」と呼びます。昔このような基本となる2つの性質を利用した化学は「積み木の化学」と喩えられ、現在は「超分子化学」と言われて、ボトムアップ型のナノサイエンス、ナノテクノロジーなど新たな材料やプロセスの開発に役立てられようとしています。


超分子化学、有機結晶工学など興味のある方、見学随時、Come on, Join us !
まずは連絡を tohnai@mls.eng.osaka-u.ac.jp
what's new !